インターネットと励志文学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/02 04:31 UTC 版)

台湾の文学」の記事における「インターネットと励志文学」の解説

1990年代、「超文本文学」(hypertext literature或いは「非平面印刷」と称されるインターネット文学台湾誕生急速に普及したその後インターネット媒体とした文芸活動台湾主流となってきた。一般的にインターネット既存文学伝播方式変化与えものであるといわれるが、文学概念の変化により新たな文学領域創出し台湾独自の新文学創出する至った。またその迅速な伝播性は台湾の文学世界中華人社会浸透させることに成功し、痞子蔡のペンネームで『第一次親密接触』を著した蔡智琚B『我們不結婚好嗎?』を著した藤井樹をはじめ、九把刀、向海などの作家の誕生促し、更に作品活字化される現象もたらした。 また別の特徴としてインターネットによる閲覧前提短編かつ軽い内容の励志文学と称される作品主体となっている。代表的な人物としては絵本作家幾米、呉淡如、侯文詠、劉墉、呉若などを挙げることができる。これらの作者著作文学評論家より酷評をされることもあるが、現在では現代台湾映し出す文学作品として台湾の文学における重要な地位占めるに至っている。また純文学分類される都市小説作家である駱以軍、郝誉翔、陳、阿盛、袁哲生耀徳舞鶴[要曖昧さ回避]なども、通俗文学影響強く受けた作品発表している。 鄧豊洲伝統的な中国の詩を作った励志詩は、励志文の別形態である

※この「インターネットと励志文学」の解説は、「台湾の文学」の解説の一部です。
「インターネットと励志文学」を含む「台湾の文学」の記事については、「台湾の文学」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「インターネットと励志文学」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

資料來源:https://www.weblio.jp/content/インターネットと励志文学

Free Web Hosting